動脈硬化の原因

動脈硬化の予防・改善RANKING

動脈硬化の原因は、脂質異常症や高血圧、ストレスや喫煙などがあるといわれています。

動脈硬化TOP > 原因

動脈硬化の原因

動脈硬化の原因としては、脂質異常症や高血圧、ストレス、喫煙など、いくつかの原因が作用していると考えられます。

また、歳をとるとどうしてもある程度の動脈硬化は生じますので、老化現象の一つともいえるでしょう。しかし、人によってその症状や進行度はかなり異なり、脂質異常症や高血圧などがある場合には動脈硬化を起こしやすく症状も進みやすくなります。

血管は10代や20代を超えるとどんどん衰えてきて、40歳を過ぎると動脈硬化を起こす人も少なくありません。動脈硬化はそれ自体はそれほど症状もありませんが、合併症を起こすと深刻な症状になることもあるため、注意が必要です。

動脈硬化とコレステロール

動脈硬化の原因と一つが、悪玉コレステロールが過剰になる脂質異常症です。

血管内に蓄積された悪玉コレステロールは活性酸素により酸化してドロドロの脂肪物質になります。これが血管内に溜まって動脈硬化を引き起こすのも一つの原因です。

また、血液をサラサラにする善玉コレステロールが不足することも、動脈硬化の原因となります。できるだけ悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすのが、動脈硬化を予防し、症状を改善することには必要です。

喫煙は、善玉コレステロールを減らして悪玉コレステロールを増やすため、動脈硬化を引き起こす原因となります。また、糖尿病も血液中の過剰なブドウ糖がコレステロールの酸化を促すため、動脈硬化になる危険性があります。

高血圧とコレステロール

血管内の傷ついた箇所にコレステロールが集中することことも動脈硬化を引き起こす原因の一つです。

そして、高血圧は血管に負担を与えて血管に傷をつけることから動脈硬化をにつながる要因だとされています。血管に傷がつくと、そこから動脈硬化がおこり、動脈硬化で血管の弾力がなくなると、さらに傷つきやすくなるため動脈硬化を進行させることになります。

また血管が狭くなると、その狭い血管で血液を運ぶために心臓はいつもより強く血液を送り出そうとするため、さらに血圧が高くなる傾向があります。動脈硬化の予防や緩和のためには、血圧をコントロールすることも大切です。

サントリー【DHA&EPA+セサミンE】

毎日の食事バランスが気になる方に。 青魚の《サラサラ成分》DHA配合
www.suntory-kenko.com/

小林製薬【ナットウキナーゼEPA&DHA】

製薬会社の自信作!ナットウ成分や 魚のサラサラ成分を摂りたい方に。
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 動脈硬化を予防・改善する食事 All Rights Reserved.