動脈硬化とは

動脈硬化の予防・改善RANKING

動脈硬化は、血管の弾力が失われスムーズな血流を妨げる恐れがあります。

動脈硬化TOP > 動脈硬化とは

動脈硬化とは

動脈硬化とは、血管が硬くなって弾力が失われてしまう状態のことをいいます。

原因は、主に血液内のコレステロールで、特に悪玉コレステロールが増えすぎると、細胞膜を丈夫にしようとするコレステロールの働きが過剰になり、血管自体も硬くなってしまいます。

また、硬くなった血管は内側が脆くなってしまい、剥がれた部分が細い血管を詰まらせたり、必要な血液がいきわたらなくなったりします。血液がしっかりいきわたらないと、末端の器官や組織は栄養を受け取ることができなくなり、問題が生じてしまうのです。

動脈硬化は、血液のスムーズな循環を妨げるため、できるだけ予防しておきたい病気の一つなのです。

動脈の働き

動脈の働きは、酸素や栄養分を含んだ血液を、体の各器官に運び出すことです。生命を維持するためには、非常に重要な働きの一つになります。

しかし、動脈などの血管は硬化することによって丈夫になるわけではありません。逆に、血管はしなやかさを維持することによってポンプの作用を行い、心臓の負担を極力減らしながら血液を全身に運んでいるため、適度な弾力が必要です。

動脈硬化になると、動脈自体が硬くなってしまってポンプの働きが行えなくなるばかりか、血液中のコレステロールなどが血管を狭めてしまうことが多くなります。そうなると、血液がスムーズに流れなくなって、心臓への負担を増えてしまうのです。

動脈硬化になると

動脈硬化自体はそれほど深刻な症状があるわけではないのですが、その怖いところは、命に関わるような病気を引き起こすことです。

例えば、スムーズに流れない血液を無理に流そうとすることから心臓に負担がかかり、高血圧や心不全などの病気を引き起こすことがあります。また、血管が狭まることより、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症などの原因にもなるのです。

実際、日本人の死亡原因は脳血管疾患と心疾患をあわせると29%で、約3割もの人がこれらの疾患で亡くなっていることになります。こうした病気の原因となるのが動脈硬化なのです。

サントリー【DHA&EPA+セサミンE】

毎日の食事バランスが気になる方に。 青魚の《サラサラ成分》DHA配合
www.suntory-kenko.com/

小林製薬【ナットウキナーゼEPA&DHA】

製薬会社の自信作!ナットウ成分や 魚のサラサラ成分を摂りたい方に。
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 動脈硬化を予防・改善する食事 All Rights Reserved.