動脈硬化の検査方法

動脈硬化の予防・改善RANKING

動脈硬化の検査方法としては、血圧や血液検査ほか、CAVI(キャビィ)検査を行うのが一般的です。

動脈硬化TOP > 検査方法

動脈硬化の検査方法

動脈硬化の検査方法にはいくつかありますが、血圧検査や血液検査をする場合やCAVI検査をすることもあります。

沈黙の殺人者」の異名を持つように、動脈硬化は自覚症状の無いまま進行していくのが怖いところです。何らかの自覚症状が現れたり、合併症を発症したときには既にかなり進行している状態であることも少なくありません。

そのため、動脈硬化は体に異常を感じていなくても、定期的に検査を行うのが望ましいとされています。偏った食生活や運動不足など、生活面で心配な点がある方は特に、検査を受けてみるのがよいでしょう。

最近では、時間もかからず手軽に受けられる動脈硬化の検査もいろいろあります。動脈硬化の検査としては、血圧や血液検査をしたり、CAVI検査を行ったりするのが一般的です。

CAVI検査とは

動脈硬化の検査として最近注目されているのが、CAVI(キャビィ)検査です。着衣のままあお向けに寝て、両手両足首で血圧を測るような感じで5分程度の計測を行う簡単な検査で、すぐに結果がでるためその場で医師の診断を受けることも可能です。

CAVI検査では動脈の硬さと詰まり具合を調べることができます。心臓が血液を送り出すときに果たす動脈のポンプとしてのふくらみ具合から動脈の硬さを、腕の血圧と足の血圧の比率から動脈の詰まり具合がわかるのです。

もう一つ、CAVI検査でわかるのは、血管年齢です。実年齢と比べて血管年齢の高い方は、動脈硬化症が進んでいる可能性がありますので、注意が必要です。

その他の動脈硬化の検査

動脈硬化の検査方法は、CAVI検査以外にも、血圧や血液検査を行って診断するものや、超音波による検査などもあります。

血圧や血液検査を行うことによって、高血圧や糖尿病を起こしていないかを調べることもできます。これらの生活習慣病は動脈硬化に強く関係しているため、健康維持のためには大変有用な検査です。

実際の血管の状態を調べるためには、超音波による検査もおすすめです。画像で見るためわかりやすく、脳梗塞の検査などにも使われます。

それ以外にも、血管造影やMRIなど、必要に応じてさまざまな方法で動脈硬化の検査は行われます。

サントリー【DHA&EPA+セサミンE】

毎日の食事バランスが気になる方に。 青魚の《サラサラ成分》DHA配合
www.suntory-kenko.com/

小林製薬【ナットウキナーゼEPA&DHA】

製薬会社の自信作!ナットウ成分や 魚のサラサラ成分を摂りたい方に。
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 動脈硬化を予防・改善する食事 All Rights Reserved.