高血圧症

動脈硬化の予防・改善RANKING

高血圧症と動脈硬化は互いを原因として発症する病気で、どちらも進行させてしまう恐れがあります。

動脈硬化TOP > 高血圧症

高血圧症

高血圧症とは、基準とされる血圧と比べて、日常的に血圧が高い状態が続くことをいいます。

血圧というのは、心臓から動脈に送り出される血液の圧力のことです。血液は心臓から送り出されて体全体に酸素や栄養分を運びますが、このときに送り出される血液の量や血管の太さなどによって血圧は違ってきます。

一般的に正常とされる血圧は、最高血圧と最低血圧が130mmHgと85mmHgを下回っていることが条件とされます。ただし、年齢や持病の有無によって治療の必要な数値は異なってくるため、一概に判断することはできません。

歳をとるとどうしても高血圧になる人が多くなり、現在では軽度のものも含めると、60歳以上の約半数の人が高血圧だといわれています。

動脈硬化と高血圧症

動脈硬化と高血圧症は非常に密接な関係にあります。

本来ポンプの働きをして血液の流れを助けるべき血管が硬くなってしまうと、その機能が十分果たされなくなり、心臓は必要な血流を維持するために強い力で血液を送り出すことになります。そうすると血圧が上がることになるため、動脈硬化が原因で高血圧になってしまうのです。

一方、血圧が高いと血管に高い圧力がかかることになり、どうしても血管の損傷につながります。血管が損傷すると、そこにコレステロールなどが集まって動脈硬化を起こすため、高血圧が原因で動脈硬化になることもあるのです。

しかも、動脈硬化と高血圧は互いの影響で悪循環をもたらし、それぞれの症状を進行させてしまうことになるため、注意が必要です。

高血圧を改善するには

高血圧を改善するためには、まず食事療法など生活習慣の改善を行うのが一般的です。

塩分を控えて、食事はできるだけ薄味にする習慣をつけましょう。また運動不足やストレスなども高血圧によくありません。

また、寒いと血圧は上がりやすくなる傾向があります。すでに高血圧だと診断されている人は特に、温かい室内から急に寒い屋外に出るときや、寒い浴室など、急激に血圧が上がってしまうことがあるので気をつけましょう。

サントリー【DHA&EPA+セサミンE】

毎日の食事バランスが気になる方に。 青魚の《サラサラ成分》DHA配合
www.suntory-kenko.com/

小林製薬【ナットウキナーゼEPA&DHA】

製薬会社の自信作!ナットウ成分や 魚のサラサラ成分を摂りたい方に。
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 動脈硬化を予防・改善する食事 All Rights Reserved.