動脈硬化の症状

動脈硬化の予防・改善RANKING

動脈硬化の症状としては、血流が妨げられることにより体の各所に影響が現れる場合があります。

動脈硬化TOP > 症状

動脈硬化の症状

動脈硬化の症状としては、かなり進行しなければ自覚症状があらわれないのが一般的です。

血管自体は目に見えるわけではありませんし、その動脈が硬くなってしまっても、内側が狭くなってしまっても見た目や感覚でわかるものではありません。そのため、健康診断などで動脈硬化を疑われたり診断されたりしても、ついつい対処を怠ってしまうのが問題なのです。

実際には動脈硬化はほおっておくと、命にかかわるような病気を引き起こすこともありえます。動脈硬化は初期症状がわかりにくいだけに、症状が現れたときには既に遅しということになりかねません。

動脈硬化と診断されたら、自覚症状がなくても状態を改善するように生活習慣を改善することが必要になります。

動脈硬化で現れる自覚症状

動脈硬化で自覚症状が現れる場合、血流が妨げられるのが原因であることがほとんどです。

例えば、手足にしびれたり、歩くと足に痛みを感じたり、冷えやすくなったりするのは、血の流れがスムーズに行われていないためです。また、心臓にかかる負担が大きくなるため、坂道や階段を上るといったちょっとした負荷をかけただけで、動悸や息切れをおこしたりもします。

このような生活上に現れる初期症状は、それ自体はたいしたことはありませんが、動脈硬化の状態としてはかなり進行していることが考えられます。不便がないからと放置せずに、医師に相談したり生活習慣を見直すようにしましょう。

動脈硬化が進行すると

動脈硬化の怖い点は、進行したときに命に関わるような病気を引き起こす可能性があることです。

一般的には動脈硬化が起こるのは血液内のコレステロールが過剰な場合が多く、ドロドロの流れにくい血液である上に、動脈硬化で血管が狭くなっていると詰まりやすくなってしまいます。これが心筋梗塞や脳血栓、狭心症などの原因となるのです。

日本人の3割はこうした脳血管疾患心疾患が原因でなくなっており、それを引き起こす動脈硬化は「沈黙の殺人者」とも呼ばれています。気付かないうちに進行していることが多いため、まだまだ大丈夫と思わずに早めに対処することが大切です。

サントリー【DHA&EPA+セサミンE】

毎日の食事バランスが気になる方に。 青魚の《サラサラ成分》DHA配合
www.suntory-kenko.com/

小林製薬【ナットウキナーゼEPA&DHA】

製薬会社の自信作!ナットウ成分や 魚のサラサラ成分を摂りたい方に。
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 動脈硬化を予防・改善する食事 All Rights Reserved.