糖尿病

動脈硬化の予防・改善RANKING

糖尿病とは血液中のブドウ糖が多くなり、動脈硬化などさまざまな合併症を引き起こす恐れがあります。

動脈硬化TOP > 糖尿病

糖尿病

糖尿病とは、血液中のブドウ糖がうまく使われずに多くなりすぎてしまう病気で、さまざまな合併症を引き起こすことで恐れられています。

本来、血液中のブドウ糖はインスリンというホルモンによって栄養素として使われ、血糖値はそれほど上がることはありません。それが、何らかの原因でインスリンが分泌されなかったり、インスリンがうまく作用しなかったりすると血糖値が上がってしまい、糖尿病と診断されます。

糖尿病の初期には自覚症状がないため、健康診断などで診断を受けなければわからないのがほとんどです。進行してくると、尿が増えたり、お腹がすきやすくなってたっぷり食べても体重が減るようになったり、疲れやすくなったりといった症状が現れます。

しかし、糖尿病の問題点は、網膜症や腎症、神経障害といった合併症を引き起こす恐れがあることです。動脈硬化もその一つで、糖尿病を持病に持つ人は、動脈硬化になりやすく、進行も早いという調査もあります。

糖尿病と動脈硬化

糖尿病は、合併症として動脈硬化を引き起こすことがあるため、血糖値だけではなく血管の状態も常に気をつけておかねばなりません。

血管内が高血糖状態になると、血管の内壁は傷がつきやすくなります。血管の傷はコレステロールが付着することにより動脈硬化を起こす原因となるため、糖尿病を持病に持つ人は、普通の人に比べると動脈硬化のリスクが高まるのです。

さらに、動脈硬化が進行して痛みを感じるはずの状態でも、糖尿病特有の神経障害によって痛みを感じにくくなっている場合があります。糖尿病がある場合には、動脈硬化の進行も早くなる傾向がありますので、定期的に検査を受けるようにしましょう。

糖尿病の予防と治療

糖尿病の予防としては、バラスの取れた食生活を心がけ、食べすぎないことが大切です。肥満や運動不足は糖尿病の原因となるので注意しましょう。

医師に糖尿病と診断された場合には、まず食事療法なども行われます。食事療法では、エネルギーを摂りすぎなように気をつけながら食事をすることが必要です。

食事や運動などに気をつけることで、糖尿病はかなりコントロールできる病気です。それでも十分でなければ、インスリンの投与を行うなどの薬物療法も用いられます。

サントリー【DHA&EPA+セサミンE】

毎日の食事バランスが気になる方に。 青魚の《サラサラ成分》DHA配合
www.suntory-kenko.com/

小林製薬【ナットウキナーゼEPA&DHA】

製薬会社の自信作!ナットウ成分や 魚のサラサラ成分を摂りたい方に。
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 動脈硬化を予防・改善する食事 All Rights Reserved.