動脈硬化の予防食事法

動脈硬化の予防・改善RANKING

動脈硬化を予防する食事法としては、コレステロールを控えて豆類や食物繊維を摂るのがよいとされています。

動脈硬化TOP > 予防食事法

動脈硬化の予防食事法

動脈硬化を予防するためには、食事の量や内容などに注意する食生活の改善が有効です。

一般的には動脈硬化の原因は、コレステロールが増えすぎることだといわれています。現在は特に食生活の欧米化によって脂肪やコレステロールが過剰な食事を摂ることが多くなっており、それが動脈硬化の増加につながっているのです。

そのため、動脈硬化の予防食事法としては、まずコレステロールを減らすような内容に変えることが必要です。コレステロールは体内で必要な成分ではありますが、悪玉コレステロールの増えすぎは、動脈硬化を始めとする生活習慣病の原因になります。

動脈硬化を予防するためには、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らすような食事内容を心がけるのがよいでしょう。

コレステロールを控えるために

コレステロールを控えるためには、やはり肉類などの動物性脂肪を摂りすぎないことが必要です。3食きちんと食べることは大切ですが、食べすぎには注意しましょう。

お酒の飲みすぎもコレステロールが増える原因となります。ある程度のアルコールは体に良いのですが、飲みすぎは逆効果ですのでほどほどの量に抑えるようにしてくださいね。

コレステロールとは別に、塩分や糖分の摂りすぎも動脈硬化には良くありません。高血圧や糖尿病などの合併症を招かないためにも塩分や糖分は控えるのがよいとされています。

野菜や豆類もバランスよく

コレステロールを減らし、動脈硬化を改善するためには、バランスの良い食生活を習慣づけることが大切です。

食物繊維にはコレステロールを減らす働きがあるので、野菜や海藻類などもしっかり食べるようにしましょう。大豆は食物繊維を含む上、コレステロールを低下させる成分や不飽和脂肪酸も含むため、ぜひ積極的に取り入れたい食材です。

血液をサラサラにする効果のあるDHAやEPAを多く含んだ青魚は、動脈硬化の改善や合併症の予防におすすめの食品です。肉よりも魚中心の食事にするのがいいですね。

サントリー【DHA&EPA+セサミンE】

毎日の食事バランスが気になる方に。 青魚の《サラサラ成分》DHA配合
www.suntory-kenko.com/

小林製薬【ナットウキナーゼEPA&DHA】

製薬会社の自信作!ナットウ成分や 魚のサラサラ成分を摂りたい方に。
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 動脈硬化を予防・改善する食事 All Rights Reserved.